Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kohak3.blog.fc2.com/tb.php/98-1055d593
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

魔法使いの帰還

こんにちは、葛です。固めSS新作更新です。

エスカ&ロジーのアトリエ固め3作目。酒場の看板娘たちの続編です。相変わらずウィルベルとニオが固まってます。今回はエスカもちょっと固まります。化石化、石化、金剛石化があります。
タイトルは魔術師、還らずとは関係ありません。


アーシャのアトリエ ~黄昏の大地の錬金術士~ 公式ビジュアルブックアーシャのアトリエ ~黄昏の大地の錬金術士~ 公式ビジュアルブック
(2012/12/14)
電撃プレイステーション編集部

商品詳細を見る

↑ニオは手前のピンクの服を着た黒髪の女の子です。
今後もアーシャで初登場してエスカで少し成長しました。これからもどんどん固まって欲しい人材です。

了解して頂いた固め好きの方は、続きからどうぞ。






エスカとロジーが錬金術士の役人としてコルセイトの街で働き出してから1年。二人にもとうとう後輩ができた。小柄な身体に大きな薬鞄を背負った14歳の女の子だ。
「えっと……ルシル・エルネラと言います!ここに来るまではお薬の勉強をしてました。本当に分からない事ばかりですが、少しでもお力になれるよう、頑張ります!」
「よろしくねルシルちゃん!私はエスカ・メーリエ。えへへ、そっかあ、私も遂に先輩になるのかあ」
「エスカもちゃんと仕事をしないと、すぐ抜かれちゃうんじゃないか」
「むー、ひどいですよロジーさん。これでも少しは成長してるって思ってるんですから」
「エスカが成長してるのはもちろん分かってるさ。改めて俺の名前はロジー。これから覚えなくちゃいけない事も沢山あるから、分からない事があったらまずは俺とエスカに何でも訊いてくれ」
「はい、ありがとうございます!エスカさん!ロジーさん」
緊張していた新米役人としての顔合わせも無事受け入れられて、ルシルはほっと一息ついた。
「まずは街の案内からかなあ。どこから見たい」
「えっとですね……」
ぐぅ~
長旅で空かせた腹の音に顔を真っ赤にして動揺するルシル。
「何はともあれ、飯だな」
「そうだね、私もおなかすいちゃった」
「はい……」
三人はデュークの酒場で昼食を取る事にした。


「びっくりしました……まさかあんなにいっぱいあるなんて。お腹がぺこぺこじゃなかったら残しちゃう所でした」
「ああ、ここは大盛りの店だからな」
「そうかなあ、この位でもちょうどいいと思うけど」
昼食を無事食べ終えたルシルは、店の入り口に置かれている魔女っ娘の石像を指差した。
「ところで、この女の子の石像は何なんですか?」
「ああ!そうだウィルベルさん!最近すっかり忘れてたよ……ああっこんなに真っ黒になって……また洗ってあげないと」
石像は、この店で約一年前に魔法の手品ショーの失敗で化石になってしまったウィルベルの姿だった。
バンザイしたまま固まっていたので、ずっと日替わりメニューの書かれたホワイトボードを持たされていたが、最近はすっかり放置されて店の看板に倒れ掛かっていた。
油汚れや泥土で身体は真っ黒。埃も数か月分積もっているし、太ももや二の腕には近所の子供がマジックペンで落書きをしていた。
大きく開けた口にはコルセイトの特産品であるリンゴが押し込められていた。お供え物のつもりだろうか、干からび始めている。
「あの……ウィルベルさんって?」
「この石像はもともとここに暮らしている魔法使いだったんだ。魔法の失敗でこの通り石になって、ずっとそのままだ」
「そんな!治す方法は無かったんですか?」
「石化した人を元に戻す方法が私たちには分からなくて……1か月くらい前から薬士のニオさんって人が元に戻す薬の材料を探しに旅に出てるんだけど、そういえばニオさんも中々帰ってこないなぁ……」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
そのニオはというと、採取地で鉱石になってしまっていた。
巨大なスラグに身体を取り込まれ、金剛石の像にされて放り出されてしまったのだ。
かなりの奥地で固まって砂に埋もれているためまだ誰にも発見されていないが、万が一トレジャーハンターに見つかったら売り捌かれてしまうかもしれない。
四角くぎゅうぎゅうに押し込められた姿でオブジェとなったニオは、エスカ達に発見される日を待ち続けていた。


そんなことはつゆ知らないエスカ達に、ルシルは驚くべき情報を提示した。
「私の持っている薬でウィルベルさんを元に戻せるかもしれません」
「本当か!」
「どうすればいいの!ルシルちゃん!」
「あ、えっと……正確には薬に加えて、かなり高度な中和剤が必要なんです。その二つを上手く配合してウィルベルさんにかければ、石になった身体を元に戻せるはずなんですが……」
「中和剤なら作れるよ!私にまかせて!なんてったって錬金術士だからね!」
「……はい!じゃあ、早速準備にかかりましょう!」

ルシル達は、それから二日かけて石化解除薬を作り上げた。
汚れていたウィルベルの彫像は、お風呂に付けてエスカとルシルでゴシゴシ磨いてピカピカにしてある。これで元に戻す準備は万全だ。
エスカはバケツいっぱいの石化解除薬を持って、ウィルベルの頭からざばあっとかけようとしていた。
「じゃあ、いくよー!」
「あ、ちょっと待ってください!一つ言い忘れていたことがあって!この薬は石になっていない人が浴びると……!」
「せーのぉー!」
ばしゃああっ


「あ…………あれ、あんた達何してるの?ん?何だか身体がゴワゴワする……そういえば、あたし何してたんだっけ……確か手品ショーの間に……んー???」
解除薬を浴びて、ウィルベルは一年の化石像生活から別れを告げた。長い髪も元の鮮やかなピンク色を取り戻した。
そして、元に戻ったウィルベルの傍らには、バケツを抱えたまま石になったエスカの姿があった。
解除薬は普通の人間が浴びると、その身体を逆に石にしてしまう物だった。豪快にウィルベルに解除薬をぶちまけたため、エスカ自身もその飛沫をまともに浴びてしまったのだ。
「やっちまったな……」
「ごめんなさい!ごめんなさい!」
「あの……エスカなの?これ?……もしかしてあたしも、今まで石になってたの??そしてあんたは誰?」
「済まない、順を追って説明する」
ロジーはこれまでの経緯をウィルベルに説明していった。魔法の手品ショーの失敗でウィルベルが化石になった事。巻き込まれたニオが氷像になって、元に戻って今はウィルベルを元に戻すための旅に出ている事。ルシルのおかげでウィルベルを元に戻す事ができたが、失敗して今度はエスカが石になってしまった事。
「なるほど……ね。でもその薬、もう一度作れるんでしょ?」
「材料はあるにはあるんです……けど残りほとんどなくて」
「俺は調合の経験が少ないし、失敗したら今度こそ取り返しがつかないんだ。こんな事ならもっとスキルを上げておくべきだった……」
「なーんだ、それならあたしが人肌脱ごうじゃない」
「できるのか!?」
「当然じゃない。魔法使いを舐めないでよね。それに、あんた達には元に戻してもらった借りもあるし」
「お、お願いします!」

ウィルベルの尽力で、エスカの分の解除薬も無事作る事ができた。
「いやあ、ありがとうみんな!石になると、元に戻った時肩が凝るんだね……」
「あたしなんか一年分よ!?さっきから首や肩を回すとバキバキ音が鳴って仕方ないのよ」
「でも、みんな元に戻れて良かったです」
「ああ、そうだな
「うーん、何か一つ忘れている様な…………ああああ!」


金剛石になったニオは、スラグたちによって砂の中から掘り起こされて、祭壇に祀られていた。祭壇に置かれると、金剛石のニオは更なる材質変化で虹色に輝くオーロラストーンとなっていた。稀少鉱石である。
スラグの体内に押し込められた時に膝や肘を曲げて四角く固まっている。そのため、ニオの彫刻が施された等身大の文鎮の様になっていた。
祭壇に立たせられ怪しい輝きを放つニオの姿は、魔物の祀る生贄としてぴったりだった。
この場所がエスカ達に発見されてニオが無事救出されるまで、この後二ヶ月かかった。
その間ニオはずーっとスラグたちに囲まれながら固まっていた。スラグの巣窟であるために盗掘者が現れなかった事だけが不幸中の幸いかもしれない。
ニオがウィルベルのために固まるのは既に二回目。文字通り、彫像生活も板に付いてきた。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kohak3.blog.fc2.com/tb.php/98-1055d593
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

葛

Author:葛
石化や凍結等を扱った固めSSを書いて投稿しています。
月姫リメイクとFLOWERS秋篇が今の生きる希望です。
琥珀さんとエイラ・イルマタル・ユーティライネンを石化する事にかけては誰にも負けません。

固め以外にもアニメとゲームと映画とクラシックなどが好きです。
装甲悪鬼村正 二〇〇九年一〇月三〇日、喜劇の幕が上がる。
折角だから装甲悪鬼村正をやりましょう。

最新記事

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。