Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kohak3.blog.fc2.com/tb.php/86-0e68da6a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

猫像になった女の子

こんにちは、葛です。固めSS新作です。

春アニメもとっくに最終回を迎えてしまいましたが、最近変態王子と笑わない猫。にはまっています。原作も揃えたし、BDも買ってしまいました。
今日はそんな変猫の筒隠月子を、色々な素材で固めます。

変態王子と笑わない猫。 第1巻 特装版 初回限定 も~そうパック [Blu-ray]変態王子と笑わない猫。 第1巻 特装版 初回限定 も~そうパック [Blu-ray]
(2013/06/26)
梶裕貴、小倉唯 他

商品詳細を見る

↑筒隠月子。BDの2巻も予約しました。

今日の固めSSは、木像化、ダイヤモンド化、石化、凍結、真珠化、コンクリート化、アルミ像化、ガラス化、ブロンズ像化などがあります。R18ですので、苦手な方はご注意ください。

了解して頂けた固めフェチの方は、続きからどうぞ。





町外れの一本杉の丘には願いを叶えてくれる猫像がある。この辺りでは有名な話だ。
この猫像は、願い事をした人間の「いらないもの」を別の誰かに押し付ける。日々エロい妄想に気が散って仕方がない事に悩む男子は、この猫像に「煩悩をなくしたい」と願った事でぱたりと日々の煩悩がどこかへ消え去った。また、自分の心を素直に表せない少年が「建前をなくしたい」と願ったら、少年は所構わず自分の煩悩溢れる妄想をそのまま口に出してしまう変態王子になってしまった。失くした煩悩や建前は、それを必要とする別の誰かの元へ勝手に行ってしまっている。その受け取った人間か、もしくは別の煩悩や建前を不要とする人間から再び受けとらないと、元の通りには戻れない。

「今日も子供たちに泣かれてしまいました。全くこの顔には困りものです」
猫像の前で、無表情に不満をこぼす小柄な女の子が一人。彼女は笑わない猫に「本音」を渡してしまっていた。元々は表情豊かに笑って泣いていたが、本音を渡してからは表情を出せなくなってしまいいつも澄ました猫の様につんとした顔のままだ。そのため、子供たちに絵本の読み聞かせをするボランティアでは、変わらない表情と声のせいで上手く子供たちにお話が伝えられなくなっていた。
女の子の名前は筒隠月子。ショートカットで体型は子供のよう。子供の様にころころと本音が表情に出てしまう事を気にして猫像に祈ったが、本音を表せなくなってからはまたもどかしい気分で日々を暮らしている。

月子の本音を持って行った木彫りの猫像は、まるまると姿かたちを変え笑顔になっている。どうしてそんな超常現象が起きるのかはわからない。
「返してほしい……です。表情が出せないのは困るのです。何だか色々な事が台無しになっている気がするです」
猫像の前で誰ともなく呟く月子。一見すると無表情に見えるその瞳の奥がかすかにゆらぐ。表情は出せなくとも、心はめまぐるしく揺れ動く。月子は今、怒っているのかもしれない。それとも、悲しんでいるのか。
「猫さんは、色々な人のいらない物を貰えて、羨ましいです。ズルいです」
そうして、独り言のように、願い事を零してしまう。
「私も、本音が言えないこんな身体じゃなくて……猫さんみたいになりたい……」

月子の口から洩れたその願い事を、笑わない猫像は聴き届けた。聴いてしまった。ぱあっと月子の身体が、白い光に包まれる。
「なんですか……?あっ!そんな、今のは違うです!」
笑わない猫像は、願い事を本人の思った姿と違う形で『言葉通りに』叶えてしまう。
今の月子の言葉で叶えられる願いは、月子自身が猫像になるという願いだった。
「いや……やめて……ください……あっ………」
月子の足が木像になる。貧相な胸も、細い腕も、招き猫のポーズを取りながら木彫りの彫像になっていく。月子は涙を浮かべていた。自分自身の身体を猫像にしてしまう代わりに、猫像に渡していた本音を返してもらっていた。ただし、その表情豊かな泣き顔が動いたのはわずか5秒。くしゃくしゃに泣き始めた月子の顔もまた木像になって、完璧に全璧にカチンコチンの木像になってしまった。
「………………………………………………………」
こうして、丘の上に笑わない猫っぽい女の子像が誕生した。元々置かれていた猫像は、月子を完全に猫像に帰ると、忽然と姿を消していた。


それから3日間、筒隠月子は丘の上で猫像になっている。笑わない猫像が動き出した代わりに、その身を木に変えて封印されてしまったのだ。皮肉にも、木像になる直前に猫像から表情を返してもらっていた月子は、涙ぐんだ表情豊かな顔で招き猫のままカチンコチンに固まっていた。

4日目の朝、笑わない猫像の噂を聴いた近所の子供が願い事をしようと丘の上までやってきた。猫像の代わりに女の子の像が置かれていたので子供は驚いたが、猫像の代わりに固まっている月子に願いを託した。笑い上戸だった子供は、そのせいで叱られる事が多かったので、自分の笑顔を誰かに渡したいと願ったのだ。
その願いを受けた月子像は、子供から笑顔を一時的に引き取った。次の朝には、月子の顔は固まったまま満面の笑顔になっていた。

5日目の夜、遠くからやってきた金持ちの婦人が、自分の持っている指輪を誰にも秘密で捨てようとやってきて、月子像に祈った。翌日、月子はダイヤモンド像になっていた。

7日目のお昼頃、ダイヤモンドになっている月子に、隣町の女子高生がお古のスクール水着を捨てようとやってきた。翌日、月子像は元から来ていた服の代わりにスクール水着を着て固まっていた。

それからというもの、月子像は人々のいらないものを願いで押しつけられるたびにその姿を変えていった。誰かの感情を渡されるたびにその顔は泣いたり、笑ったり、昔の様に無表情になった。
誰かが要らない服を押し付けると、そのたびに月子が来ている衣装も変わった。水着、学ラン、リクルートスーツ、警察官の制服、猫の着ぐるみ、下着、ジーンズ、ジャージ、短パン、お相撲さんのまわし、ブルマ……ありとあらゆる衣装をその身に纏いなおしながら、その服を自分の固まっている素材に同化させていた。

月子像の材質も、人々の願いによって変わる。木像から始まって、ダイヤモンドの時期がしばらく続いた。石を捨てられれば石像に、空き缶を捨てられればアルミ像に、空き瓶を捨てられればガラス像になった。何を思ったか10円玉をお賽銭の様に置かれた時はブロンズ像になった。世の中を憂えて自分の家を捨てようと願われた時は、コンクリートの壁に浮き上がるようにして固まった。アイスを捨てられた時は氷像になった。不思議な事に、次の願い事をする人間が現れるまで月子の氷像は溶けずにそのまま凍り付いていた。

捨てられるのは物や思いだけではなく、ポーズが押し付けられる事もあった。モデルから悩殺ポーズを押し付けられたり、自衛官から敬礼のポーズを押し付けられたり、ボディビルダーからマッスルポーズを押し付けられたり……その度に月子像はポーズを変えて固まり続けていた。

誰も願い事にやって来ない時は、1か月も2か月も、丘の上に放置されていた。ここ2か月ほどは狛犬ポーズの真珠像になりながら転がっていた。丘の上だけあって、少し放置されるとすぐ雨や土に汚れてしまう。

先ほど、この町に住む男性が月子像の前にアダルトDVDを捨てに来た。男性が立ち去った後、真珠の月子像から服が消え、すっぽんぽんになって大股を開いてゆっくりとピースを始めた。ポーズを取り終わると、再び動きを止めた。基本的に彫像のまま固定されていて、動いている所を見られたことはない。時々こうして邪な思念が捨てられると、次の願い事がやってくるまで月子像は怪しげな彫像のまま丘の上に転がる事になる。目をむいて舌を出すなど、生身の月子はどうあってもしない。今回の屈辱的な格好はこの後2週間も続いき、その間ずっと月子はアダルト真珠像になっていた。この次の願いでは信楽焼の狸が押し付けられ、月子は狸の恰好で陶器の彫像になった。

この不思議な猫っぽい女の子の像の噂は、この先もずっと、この町の周りで都市伝説のようにささやかに続いた。何年かぱったり噂が途絶えて忘れかけられる事もあったが、しばらくすると思い出したように願い事をしに人々がやってきた。これからも月子は誰かの願いを受け止めるたびに、その姿を少しづつ変えて丘の上で彫像として暮らしていくのだった。






スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kohak3.blog.fc2.com/tb.php/86-0e68da6a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

葛

Author:葛
石化や凍結等を扱った固めSSを書いて投稿しています。
月姫リメイクとFLOWERS秋篇が今の生きる希望です。
琥珀さんとエイラ・イルマタル・ユーティライネンを石化する事にかけては誰にも負けません。

固め以外にもアニメとゲームと映画とクラシックなどが好きです。
装甲悪鬼村正 二〇〇九年一〇月三〇日、喜劇の幕が上がる。
折角だから装甲悪鬼村正をやりましょう。

最新記事

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。