Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C13] リンクのお知らせ

はじめまして。
「ぬれよごしの窓」管理人ハラ・トムと申します。

http://wamportal.web.fc2.com/

このたび、リンクをはらせていただきました。
今後ともよろしくお願いいたします。
  • 2012-11-23
  • 投稿者 : ハラ・トム
  • URL
  • 編集

[C15]

ハラ・トムさん初めまして。
遅くなりましたがリンク確認しました。
よろしくお願いします。
  • 2012-12-13
  • 投稿者 : 葛
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kohak3.blog.fc2.com/tb.php/50-79ccb2ee
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

知っているか!

超光戦士シャンゼリオンは1996年にテレビ東京系列で放送された特撮作品で、お気楽イケメンヒーロー涼村暁&サバが悪の組織ダークザイドと戦う様を描いている!
なお、東映特撮YouTubeで現在37話から39話の最終回までが配信されている!
超光戦士シャンゼリオン

というわけで、黒岩風にこんばんは。葛です。
ええ、観ましたよ。シャンゼリオン最終回。その話をしたい。ので

ここから下は超光戦士シャンゼリオン最終回までのネタバレが書かれています。
未見の方は、絶対に読まないでください。



ザ・ブレイダーの変身方法を知っている方のみ、この先をどうぞ。


よろしいですか?

闇の種を食べた速水克彦の肉体は、戦士として生まれ変わった。そして、梅干しを食べることにより、その戦士としてのパワーが発現するのだ。闇の種に含有されていたダーク・グレタミン酸は、梅干しに含まれる塩分と結合して速水克彦の血液の中を駆けめぐる。そして血液の中で練られていたチヌ第一物質が速水克彦の脂肪分によって分解され、タイロミンとデジタミンに分かれるのだ。一方、デターミントはリンパ液に結合して、カチルダ酸とノバ粘液とサルマドンとマグールトドータミンを作り出す。この際、ノバ粘液は体温によって分解され消滅するが、その残滓がカチルダ酸に結びついて核カチルダ酸に変化するのだ。そして、核カチルダ酸とサルマドンによって生成されたカッサノ蛋白質により、速水克彦はザ・ブレイダーであった記憶をなくすのであった。

って言って何のことかわかりますね?


よし、最終回の話、しましょう。

シャンゼリオンの主人公、涼村暁はすっごくお気楽で、ひょんなことからいきなりシャンゼリオンになって、女好きでいい加減だけど決めるときは決めるヒーローでした。
それが私たちの知っている涼村暁です。

でももし、その親しんできた姿が全て夢だったら、本当の涼村暁は真面目でデートもしない、悪とストイックに戦う悲劇の戦士だとしたら……
「そしたら俺やだなって」
とは、本人の言葉です。

最終回は、そういう内容でした。いつもと全く違う真面目な暁がダークザイドと戦うシーンから始まり、あれと思うと次のシーンではいつもの暁が「なんだ夢か」と起きます。
しかし、この最終回の間、この「夢のシーン」と「いつもの暁たちの風景」が交互に見せられ、段々と夢と現実の境がよくわからなくなってきます。上記の言葉は「いつもこうして馬鹿やってる俺たちの方がもしも夢だったら」と暁がふと呟いたあとに言われたものです。
それに対し真面目な方の涼村暁は「以前から似た様な夢を見た」と言って、私たちが観てきた「超光戦士シャンゼリオン」の涼村暁の話を楽しそうに語り、ダークザイドとの最後の決戦に挑みます。
夢と現実のシャッフルは最後のシーンまで続き、ラストシーンとなったのは、私たちの知らない方の涼村暁が仲間も破れ、ただ一人となった後に「燦然!」と変身するシーンでした。
物語の最後に残ったのは、私たちの知らない、ダークザイドに人類を滅ぼされかけた世界の超光戦士シャンゼリオンでした。


思えばこの「超光戦士シャンゼリオン」はとんでもない番組でした。
何度も何度も同じ犬が逃げたと依頼に来るおばあさん。
ベートーヴェンの交響曲第九番第二楽章の冒頭と共に「知っているか!」と言って変な薀蓄を披露するライバル兼ダークザイド兼都知事の黒岩省吾。
武器の剣が落っこちたのでちょっと取ってくれ!とやっていたらその辺のガラクタを次々と渡され、しまいにはサバを渡されて「サバじゃねえ!」
超光戦士シャンゼリオン内で放送される超光戦士シャンゼリオンと、そのファンの特撮オタクな敵怪人。
暁の恋人の大群。
1000万飛んで2円の借金をできる上に返済を待って貰っている涼村暁。
など、突拍子もない要素は枚挙に暇がありません。また、それが魅力でもありました。

しかし、これらがもし夢だったらとするならば、これほど夢らしい夢もありません。
最終回での真面目暁が、「いいかげんな性格のお前を見てみたかった」と言われる事を考えてみると、これらが真面目暁の持っていた願望だったと考えても、おかしくありません。

正直、最後の「燦然!」でエンディングが始まった時「え、え、え、え」と動揺が隠せませんでした。え、それやっちゃうの。俺の暁は!?シャンゼリオンは!?

そこに追い打ちをかける様にOPの歌詞が思い返されます。

MY FRIEND 輝け 勇気を 心と瞳に散りばめ
駆け抜けてく あなたの 光を信じたい

このOP最初から大好きだったんですが、最初からずっと引っかかっていました。誰が誰に歌っているんだろう、と。まさか速水じゃないだろうし、クウレツキって事もないだろうし……
しかし、この歌が真面目な本来の涼村暁が、お気楽な夢の中の涼村暁に願いを託した歌だと考えれば、これほどふさわしい歌はありません。

ここからは完全に推測なんですが、最後の「燦然!」の後に、あのシャンゼリオンは色々ぶっ壊したんじゃないでしょうか。どんな敵にも風穴を開けるシャイニングアタックです。世界に穴を開けてパラレルワールドを作ってもおかしくありません。そう信じたいです。
私たちが見ていた「超光戦士シャンゼリオン」の世界をあのシャンゼリオンが作り出してくれたのではないかと思っています。そうすれば、この幸せな暁たちの物語は続いていると考えることができます。

ただ、そのお気楽暁自身の「どうせ俺が勝つに決まってるんだからな!」や何度も同じ事が起きる依頼やトラブルなど、このシャンゼリオンの世界がどうも閉鎖的な世界である事を思わせる描写も多くあります。
何より、第38話と最終回である第39話の間に時間的な連続性を思わせる描写が全く無いのは、非常に怖い物があります。黒岩省吾の壮絶な最期で、最終回どうなってしまうのかという所で、あれです。ガーンとやられます。
第36話の劇中劇の紙一重な狂気といい、もともとおかしかったテンションが後半になるにつれてますますとんでもなくなっていく様は、振り返るとなかなかぞっとするものがあります。

特撮ヒーローの全てが、悪の組織を打ち破るものでは無い。中には、志半ばに胡蝶の夢を見ながら倒れていった、テレビに描かれなかったヒーローもいるのかもしれない。
そんな、普段特撮番組を観る時に無意識に避けていた思いを突き付けてくれる、秀逸な作品だったと思います。

もう一度最初から観たいですね。

スポンサーサイト

2件のコメント

[C13] リンクのお知らせ

はじめまして。
「ぬれよごしの窓」管理人ハラ・トムと申します。

http://wamportal.web.fc2.com/

このたび、リンクをはらせていただきました。
今後ともよろしくお願いいたします。
  • 2012-11-23
  • 投稿者 : ハラ・トム
  • URL
  • 編集

[C15]

ハラ・トムさん初めまして。
遅くなりましたがリンク確認しました。
よろしくお願いします。
  • 2012-12-13
  • 投稿者 : 葛
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kohak3.blog.fc2.com/tb.php/50-79ccb2ee
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

葛

Author:葛
石化や凍結等を扱った固めSSを書いて投稿しています。
月姫リメイクとFLOWERS秋篇が今の生きる希望です。
琥珀さんとエイラ・イルマタル・ユーティライネンを石化する事にかけては誰にも負けません。

固め以外にもアニメとゲームと映画とクラシックなどが好きです。
装甲悪鬼村正 二〇〇九年一〇月三〇日、喜劇の幕が上がる。
折角だから装甲悪鬼村正をやりましょう。

最新記事

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。