Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kohak3.blog.fc2.com/tb.php/136-3cba1319
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

【シャイニング・レゾナンス】土偶になったリンナ

こんにちは、葛です。


シャイニング・レゾナンス コンプリートガイド (ファミ通の攻略本)シャイニング・レゾナンス コンプリートガイド (ファミ通の攻略本)
(2015/01/21)
週刊ファミ通編集部

商品詳細を見る

またシャイニング・レゾナンスのリンナを固めました。画像の二人は違います。
今度は土偶化です。全二作との直接のつながりはありません。







エルフの魔法使いリンナの趣味は遺跡探索である。遺跡マニアとして、かつ冒険者としての彼女の実力は折り紙つきで、これまでも単独で閉じられた遺跡の鍵を発見したり、古文書を解読して未踏の遺跡に辿り着くなど多くの成果を出していた。
しかし、そんなリンナにももちろん失敗はある。特に今回の探索は運が悪かった。
「うう、まさか私があんな落とし穴にハマるなんて……迂闊でしたぁ……」
未踏の遺跡を発見して中に入った喜びも束の間、リンナは入り口に仕掛けられていた落とし穴に見事落下してしまった。
落とし穴の下は泥水となっており、まっさかさまに落下したはリンナは全身泥まみれになってしまった。
「うぇぇ、ぐちょぐちょです……汚れ落ちるかなぁ……ん?」
茶色に染まったリンナはふと寒気を感じた。誰かが、いや、かなりの数の死線がリンナを見ている。それも、好意的でない者の視線だ。
「誰です!乙女の醜態を見るのがそんなに楽しいですか?」
言葉は返ってこなかった。代わりに視界に映ってきたのは、リンナの周りをぎっしりと取り囲むゴブリンの群れ。この遺跡は、古代からゴブリンが拠点として住み着いていた場所だったのだ。
「うっ、でもこのくらい。私の魔法でちゃちゃっとー……あら?身体が?」
そう、さっきから身体が思うように動かない。リンナが落下した泥沼には、人間を生け捕りにするための痺れ粉が大量に混ぜられていたのだ。
「ひょんな、ほれひゃわらひ、にへられ……!」
舌も痺れ始めたリンナに、群れのリーダーと思しきゴブリンが頭から大量の泥を浴びせ始めた。
「むひゃぁあ!?」
リーダーに続けとばかり、仲間のゴブリン達が一斉にリンナに痺れ粉入りの泥を全身に浴びせ始めた。リンナに太股に、胸に、長い耳にどんどん泥が重ねられる。やがてゴブリン達はリンナを泥沼の中に沈める様に組み伏せて、リンナの全身にどんどん泥を塗りたくっていった。痺れ粉はゴブリン達には効かないらしい。
「ごばっ!やめっ!むごぉ!?」
リンナの口の中にも泥が突っ込まれる。リンナは痺れだけではなく、身体がどんどん重く、硬くなっていくのを感じていた。身体が泥に同化して、リンナ自身が泥人形になっているのだ。
ゴブリン達はリンナの服も帽子もびりびりに裂いて、その豊かな乳房や泥が染み込んだ陰毛を露わにした。しかし決してリンナを犯しはせず、ただ泥を摺り込んでいくだけを続けた。それは何かの儀式の様で、全身をぴくりとも動かせないリンナは為すすべなく泥人形にされる他なかった。

リンナが元の姿が判別つかない泥団子の様ににぐちゃぐちゃに泥を塗りたくられて固まった後、ゴブリン達の群れは彼女を沼から引き揚げ、遺跡の奥にある祭壇へと運んだ。
そのまま1週間リンナの泥人形は放置された。完全に乾いてカチカチになった泥団子をゴブリンのリーダーが棍棒で叩くと、パキパキと音を立ててリンナを包み込んでいた泥が剥がれ、中から完全に土塊の像になったリンナが姿を現した。
両腕と膝を外側に開いたがに股で、口の中に泥を詰め込まれて大きく開けた姿がそのまま固まっている。リンナの豊かな恵みを供えた裸体像は、古代の遺跡から発掘される土偶そのものだった。
古来よりゴブリン達は人間の美しい女性を罠にかけ、呪術の込められた泥で固めて土偶にしてしまう風習を持っていた。遺跡で発掘される土偶たちは、皆かつては人間の少女たちだったのだ。
リンナはその真実の第一発見者にはなれなかった。ミイラ取りがミイラになるが如く、その美しい身体はまんまとゴブリン達によって土偶化されてしまった。
抵抗できぬまま虚しく土偶となったリンナが次に日の目を見るのは、遠い未来に化石となって発掘される時まで待たねばならない。
ゴブリンの集落は脆い。この場所もいずれ崩れていき、誰も発見できなくなるだろう。祭壇に飾られたリンナの土偶もまた、土に埋もれ化石になる以外の未来は存在しないのだ。


それから1万年の時が経った。
文明は何度も興亡を繰り返し、リンナの土偶も地中深くへと埋もれていた。
しかし近年、地震による地殻変動でリンナの土偶が埋もれている断層が盛り上がり、化石化したリンナの土偶は再び人の目に触れる事となった。
古代の高度な技術を今に伝えるリンナの土偶は王立の博物館へと寄贈され、毎日多くの人々の目に触れる事となった。
「大昔にも、こんなかわいい人がいたんだね」
「でも、裸で姿を残されるのは私ならいやだなー」
「そうだねー。私もちょっと勘弁―」
修学旅行の一団がリンナの土偶の姿を次々カメラに納めつつ通り過ぎていく。
魂まで土塊と化したリンナは、その一団を土偶のポーズで見送る他、何もできなかった。
博物館が閉館し、リンナの土偶が納められたガラスケースが布で覆われる。変わらない日々。変わる事の無い身体。
リンナの土偶はこのまま数百年後にこの国そのものが地図上から無くなり、混乱の中で盗み去られるその日まで、この博物館にずっと飾られていた。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kohak3.blog.fc2.com/tb.php/136-3cba1319
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

葛

Author:葛
石化や凍結等を扱った固めSSを書いて投稿しています。
月姫リメイクとFLOWERS秋篇が今の生きる希望です。
琥珀さんとエイラ・イルマタル・ユーティライネンを石化する事にかけては誰にも負けません。

固め以外にもアニメとゲームと映画とクラシックなどが好きです。
装甲悪鬼村正 二〇〇九年一〇月三〇日、喜劇の幕が上がる。
折角だから装甲悪鬼村正をやりましょう。

最新記事

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。