Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kohak3.blog.fc2.com/tb.php/131-0dc2a086
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

【GGXrd】離島のヴァレンタイン

こんにちは、葛です。GUILTY GEAR Xrd -SIGNの固めSS新作です。

「ヴァレンタイン」の姉妹ラムレザルとエルフェルトが石化します。


GUILTY GEAR Xrd -SIGNGUILTY GEAR Xrd -SIGN
(2014/12/04)
PlayStation 3

商品詳細を見る



今日この動画を見てエルフェルト(声:洲崎綾)に一目惚れして、早期購入特典で付くDLCキャラと知ったので勇んでDL版を買ったんですが、DL版だと何と予約しないとエルフェルトが使えなかったんです。
更にパッケージ版ならダウンロードコードが付いている物もあったり、正式にDLC購入でエルフェルトが使えるようになるのも12月18日からと色々と購入した後に分かり、これでもかと悪い偶然が積み重なって結局今日は彼女を操作できず……。
悔しかったのでお姉さん共々石になってもらいました。見事な漬物石体型です。本当にかわいい。

キャラクターもGGXrdの世界観もまだちゃんと把握していないので舞台は原作に一切出てこない(と思われる)離島で二人とも初めから固まって喋りません。ご了承ください。








世界が人間と新たな生命体ギアやヴァレンタインとの争いで荒廃していき、地図上から日本という土地が消えた跡も、世界には平和な場所もあった。この南国の離島も30人に満たない人々が漁をして暮らす小さな集落である。外界との接触の機会も無いが、それ故に争いも無い。海と天候の変化だけが人々の関心事だった。

そんな小さな村に、二つの少女の石像が流れ着いた。頭に三角の帽子を被り、太股が露わになっているショートパンツとサラシを巻いたマントの少女の石像と、ウエディングドレスを着たとても背が高く胸の巨大な少女の石像だった。
刺激の少ない漁村の人々にとって、二体の美少女の石像の到来はまるで神様からの贈り物の様だった。
石像は村の中心にある祭壇に祀られると、毎日村人たちによって崇められる信仰の対象になった。

この石像の正体は、今世界に対し宣戦布告をし騒がせていたラムレザル=ヴァレンタインとその妹のエルフェルト=ヴァレンタインの姉妹の姿だった。貧乳の方がお姉さんのラムレザルで、ウェディングドレスの方が妹のエルフェルトである。
強大な力を持つ彼女たちは、その背後にある組織にとって存在が邪魔となり石化封印されて海に沈められてしまったのだ。
石化したまま棺桶に閉じ込められて海の底に沈んでいた二人だったが、先日起きた台風の影響で潮の流れが強くなり、この離島まで流されてきたのである。
永遠に陽の目を見る事が無いと思われた二人の石像は、全身に海藻が絡まった状態で浜辺に流れ着き、エルフェルトの胸の谷間には魚が一匹挟まっていた。

迷信深い漁村の人々たちによりラムレザルとエルフェルトの石像は丹念に磨かれて祀られたが、やがて時が経つと村で作られている魚の塩漬け用の漬物石に使われたり、足首を縛られて小舟の錨にされたり、帽子や腕に洗濯物を干されたりして人々に親しまれながら活用された。

それから5年。彼女たちが流れ着いた後に生まれた島の子供が二人の石像を見て大人たちに訊いた。
「このお姉ちゃんたちはどうして石にされちゃったの?」
「いいえ違うのよ。この石像たちはね、神様がこの島に下さった贈り物なの。大切にしないといけない物なのよ」
「ふーん・・・」
ラムレザルとエルフェルトが人類を脅かす人型兵器として扱われていた過去を知る者はこの村には誰もいない。
この島の人々にとって今のエルフェルトは今はニシンを漬ける巨乳の漬物石だし、ラムレザルは人類の敵では無く漁船に括り付けられた貧乳の錨である。
万が一彼女たちの石化が解かれ目覚める事があれば、世界はまた新たな争いの火種を作ってしまう事になるかもしれない。
島の人々が彼女たちの事を知らないのは、ある意味で幸せな事だった。
皮肉にも、完全な石化封印を受けて灰色に染まったラムザレルとエルフェルトの石像は流れ着いた5年前のあの日から組織の追跡を受ける事は無かった。彼女たちがこの島で固まり続けている限り、少なくともこの島にはささやかな平和がこれからも続く事が約束されていた。

浜辺に漁から引き揚げられた海草まみれのラムレザルの石像と塩漬けが終わったエルフェルトの漬物石が水洗いを終え干されている。
色を失った二人の瞳は何も語りかける事は無かったが、やや困惑した様な表情のエルフェルトと無表情なラムレザルはの表情は、まるで始めからそう造られていたかのように彫像として自然だった。
夕日に照らされた二人の美しい姉妹の石像は、まだ乾ききっていない水滴を光らせてきらりと輝いた。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kohak3.blog.fc2.com/tb.php/131-0dc2a086
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

葛

Author:葛
石化や凍結等を扱った固めSSを書いて投稿しています。
月姫リメイクとFLOWERS秋篇が今の生きる希望です。
琥珀さんとエイラ・イルマタル・ユーティライネンを石化する事にかけては誰にも負けません。

固め以外にもアニメとゲームと映画とクラシックなどが好きです。
装甲悪鬼村正 二〇〇九年一〇月三〇日、喜劇の幕が上がる。
折角だから装甲悪鬼村正をやりましょう。

最新記事

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。